女性のためのニオイ対策。体臭ケアに役立つ情報を発信するブログ

体臭で悩まないニオイ美人を目指す

加齢臭

女性でも加齢臭?女性ホルモンと体臭の知られざる関係

更新日:

体臭と聞くと中年男性のイメージがありますが、実は女性でも自分の臭いで悩んでいる人は少なくありません。

体臭には、女性ホルモンの働きが深く関わっています。
そもそも男性より女性の体臭が薄いのも、女性ホルモンのおかげなのです。

女性ホルモンは皮脂腺や汗腺をコントロールしています。だからこそ女性は男性に比べると、皮脂の分泌量や汗の量が少ないのです。

皮脂は酸化することで、汗は雑菌のエサになることで体臭の原因になるので、臭いの元をセーブしてくれる女性ホルモンは非常に重要な役割を担っていると言えます。

また、女性ホルモンの一つであるエストロゲンには、皮脂の酸化を防ぐ効果もあります。二重に働きかけることで、体から嫌な臭いがでないようにしてくれているのです。

女性ホルモンの低下で体臭がきつくなる

ホルモンバランスが崩れると、女性でも体臭が強くなることがあります。

最近自分の臭いが気になって仕方ない、と言う人は生活を見直してみましょう。
大きなストレスを抱えていたり、食生活や生活バランスが崩れていると、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

また、女性ホルモンのバランスが崩れるといえば浮かんでくるのが生理周期。

特に月経前になるとエストロゲン分泌量が一気に減るので、生理前になると体臭がする、というケースも多くなります。

更年期と体臭の関係

更年期も女性の体臭を考える上では外せないポイントです。

更年期とは閉経を挟んだ前後10年ほどの期間のこと。ホルモンバランスが大きく変化し、体に様々な不調が現れる人も多くいます。

そのうちの一つが皮脂腺や汗のコントロール機能が乱れるということ。
突然のぼせたり大量に汗をかく「ホットフラッシュ」を経験する人も多いのですが、皮脂や汗が大量に出て体臭に繋がってしまうのです。

生理前や更年期にだけ気を付けていればいいという訳ではありません。
女性ホルモンの分泌量は、30代後半から少しずつ減っていきます。

また最近は男性ホルモンが多い女性も増えているため、早いうちから体臭対策が必要な女性も多いのです。

-加齢臭

Copyright© 体臭で悩まないニオイ美人を目指す , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.